2009
02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 04

 ご紹介:3 きえん屋とは:1 今までのイベント:4 月待:2 秋蜜月の十間夜:4 ハラリ、ゆららト朧桜:12 活動:3
スポンサーサイト    -- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ハラリ、ゆららト朧桜    2009 / 03 / 31 ( Tue )
ゆらら表ol




RAIN ON THE ROOFお花見イベント
『ハラリ、ゆららト朧桜』
2009、4/3、4、5
12:00-23:30

ゆらら…と鈴鳴る音のように
ゆらら…と花の舞い落ちる
おぼろな桜色に包まれて
夢見の時をお過ごしください。

参加アーティスト

器◆朝倉晶
器◆長峰菜穂子
四季小物◆野庵
桜としつらえ◆小野みほこ
花見弁当(4/4のみ予約制)◆an:co
焼き菓子◆TOSAKANMURIFOODS
和菓子◆hit-me
お花見籠(瓶詰め/和菓子/プチブーケ)◆きえんや 

春、花の季節、
夢のように咲き 儚く散る 朽ちて、なお心に残る愛おしさ
日差しの中で輝く桜の花と 夜の艶っぽい美しさを
屋根の下、ゆったりと花の移り変わりを感じていただきたく
RAINONTHEROOFにしつらえました
期間中 店内には大きな桜の木が植わり 
ゆららと舞い散る様子をお楽しみいただけます。
ゆらら…とは、鈴がふれあって鳴る音を表します。
桜の花びらの鳴る音は、きっとこんな音でしょう。
しっとりと、春のやわらかさをよそう そんな器と 
お品物もご用意いたしました。
お花見気分を 愛でて 味わい そしてちりゆく
おぼろげな時間をお楽しみください。

*通常営業となりますのでお気軽にご来店ください。

*an:coのお花見弁当は予約制となっております。
 4日のみの販売となりますのでご注意ください。  
 内容は http://www.anco.cc/ にてご確認ください。

*きえんやのお花見籠はご予約も承ります。
 予約kienyasan@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
野庵さんのHPにて、告知していただいています    2009 / 03 / 28 ( Sat )
それと…

野庵さんのHPでも、
『ハラリ、ゆららト朧桜』を告知していただいております。
今、TOPのFLASHにもなっています!
もしも、よろしかったら、
“注目歳時”と“お知らせ”のところを
ぜひ、ご覧になってくださいませ。

庵主の毬詠さんとは、
とってもぴったりなタイミングに
ご縁があって、ご紹介していただいたのがきっかけです。

そのご縁が、
今回、展示からお花見籠まで、
野庵さんに参加していただけることになりました。


庵主 毬詠さんのblogでも、
きえんやのことや、お花見籠、RAIN ON THE ROOFのことなど
詳しくご紹介していただきました。
こちらも、よろしかったら、ぜひどうぞ…!

野庵さんの作家さんの作品、
どれも、ため息の出るような美しさです…

同じものがひとつとしてない
お誂えのお店。
今回、春、桜にちなんだ作品の展示を予定しております。
すぐお持ち帰りいただけるものは、お花見籠に
いれた練香のみですが、
その、丁寧で細やかな作品を
この機会にどうぞお近くでご覧ください。


ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
『Trifolium』にて、ご紹介してただきました    2009 / 03 / 28 ( Sat )
フライヤーのとても素敵な写真を撮ってくれたmeguちゃん。

meguちゃんとは、 ikanika花の会 つながり。
個展をやった時に、初めてちゃんと写真をみて、
あまりの可愛さに心を奪われました。

meguちゃんの人柄が伝わってくる、
柔らかくて温かな言葉と写真で綴られた『Trifolium』で、
『ハラリ、ゆららト朧桜』をご紹介していただきました。
もしも、よろしかったら、
ぜひご覧になってくださいませ。

ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
お花見籠~hit-me~    2009 / 03 / 26 ( Thu )
はらり
 
きえんやの3人と野庵からお贈りするお花見籠。
最後のきえんや、hit-meからは『はらり』と名付けた焼き菓子です。


萌ゆる春の山に
はらりと散りゆく、
ひとひらの桜を思い描いて。

和三盆のやさしい甘さとおからを加えて
しっとりと焼き上げた抹茶のお菓子。

中には白花豆を散らして。



芽吹く緑の風景と
ハラ ハラリ

舞い散る
春の景色をお持ち帰りください。

濃く入れた珈琲や
あたたかいミルクとご一緒にどうぞ。




3人でそれぞれ
ハラリ、
ゆらら...
朧桜。
タイトルの名前をつけました。


そこに薫りが加わって

過ぎ行く季節を惜しんで
すこしばかりの時を
ともに過ごせますように。




ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
お花見籠~野庵~    2009 / 03 / 24 ( Tue )
練り香

きえんやでつくったお花見籠に
今回、野庵さんが特別に素敵な香りのおまけを
つけてくださいました。


香銘  花影(はなのかげ)


月の光によってできる、花の影

桜の宴の後に出会った、
朧月夜の君と源氏の君の恋を
イメージして...



煙等、目には見えない 練香
その匂いは心できくとか




お話を伺って、どんなものが仕上がるのか
とても楽しみにしていました。
恋を 香りで表現して
心できくなんて.....

桜 ほのかな甘い香り

花宴 春の宵のひんやりとした空気

朧月夜の君 艶めかしい秘め事

そんな薫りができあがりました。


入り口にこの恋心をたきしめて
皆様のお越しをお待ちしております。


春の忘れられない香りとなりますよう...



ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
お花見籠 ~小野みほこ~    2009 / 03 / 21 ( Sat )
kago-bouquet-a.jpg

きえんやの3人と野庵からお贈りするお花見籠。
きえんや小野みほこからは「ゆらら」なプチブーケをお届けします。


ゆらら…と音鳴るような薄い花びら、
ゆらら…とうつむく様に咲く姿、
ひとつひとつが微妙に違う色合いの
とても可憐で繊細な春の小花、
パンジーをプチブーケにしてみました。

花言葉は「心の平和」、「思慮深い」、「純愛」…
可憐で、知的で、控えめで…
パンジーの姿、そのもののような気がします。

連れて帰った際には、お好きなグラスや花器にしつらえて、
お部屋で春の空気を感じていただけたら…と思います。

パンジーは、花が終わった後も花びらを摘むと、
グリーンとしても、しばらく楽しんでいただけます。
散歩の途中、道端で咲いている花を摘んで来て、
一緒に飾っていただいても、また春を感じられ、
きっと素敵かと思います。

心を込めて、春をお届けいたします。


※今回、ご縁があって、福島県郡山市片平町の生産者の方から、
 直接仕入れさせていただくことになりました。
 


ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
お花見弁当    2009 / 03 / 20 ( Fri )
3-20.jpg

さて、an:coのお花見弁当について。
「ハラリ、ゆららト朧桜」で、
an:coはお花見弁当を出させていただきます。



~an:co のお花見弁当~

・桜ずし
・新じゃがとそら豆のコロッケ
・春菜のひたし
・かぶの桜漬け
・ふきのレモン風味
・すり流し
(仕入れの関係で内容が変更される場合もございます)
                    1600円



桜ずしには、桜の塩漬けを混ぜ込んだ玄米酢飯に、
蓮根、菜の花、卵に桜でんぶをちらしたの。
桜でんぶは、ほんわりとした甘さに仕上げたいなーなどと思ってます。
an:coのお寿司は、実家で穫れた玄米を使用。
玄米の甘さと、桜の塩気、そしてお酢が絶妙なのですよ。
華やかな、春のお寿司を楽しんでいただければと考えています。



桜ずしに合わせてた総菜たちもご紹介。
新じゃがとそら豆のコロッケ。
みずみずしい新じゃがに、こくのあるそら豆を合わせたもの。
パルメザンチーズが隠し味。



春菜のひたしは、この時期においしい菜っ葉を、
シンプルに塩とオイルにひたしたもの。
それぞれの春の葉っぱの苦みとか甘みを楽しんでいただきたい。



かぶの桜漬けは、桜と梅酢に漬けたもの。
ほんのりとした桜色がさっぱりとした箸休めになってくれます。



ふきのレモン風味。
和の風合いが強いふきの目先を変えて。
ちょっと新鮮ではないでしょうか?
レモンが効いたさっぱりとしたふきの煮もの。



すり流し。
an:coの春には欠かせません。
春のおいしいところを、すり流しに。
こちら、楽しみにしていてくださいね。



このようなおしながきになっております。
桜の下、季節を噛み締め、味わっていただけたらと思っています。



※お花見弁当はご予約にて4日のお渡しになっております。
※受け渡し時間帯は13時から18時になります。
(こちらのお時間外の希望がある方は、お申し込みの際にお申し出ください)
※残わずかになっております。ご予約はお早めにお願いいたします。

__________________________________________________________

お申し込みはこちらまで → kienyasan@yahoo.co.jp
メールに下記事項をご記入の上、お送りくださいませ。

・お名前
・個数
・メールアドレス (携帯の場合、パソコンメールの受信が出来るかご確認ください)
・当日連絡がつく電話番号

*受付終了後、メールにて追ってご連絡させて頂きます。



お申し込みおまちしております。
an:co スズキエミ



ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
お花見籠 ~an:co~    2009 / 03 / 17 ( Tue )
kago-jam.jpg

きえんやの3人と野庵からお贈りするお花見籠。
きえんやan:coからは「朧桜」。



甘くとろりとしたミルクに、桜のほのかな香りとさっぱりとした塩気。
桜ミルクのジャムです。
「ハラリ、ゆららト朧桜」の中から、名前をいただきました。
ミルクのジャムからおぼろに見える桜。



まず始めは、そのまま口に入れていただきたい。
口の中に桜の香りとやさしいミルクが広がります。
とろりと艶やかに甘く、そのあとは上品な塩気と桜の残り香。
余韻など楽しんでいただけたらと思っております。



つぎは、桜の下、てごねの白いパンなどに
とろりとかけていただくのもいいのでは、などと思ってます。



刻一刻とかわる桜を思いながら、ひとつひとつ丁寧につくります。
多くのみなさまに味い、愛で、楽しんでいただけたらと思ってます。


__________________________________________________________


※お花見籠は予約を受付ております。
 当日の販売もございますが数に限りがありますので
 ご希望の方はご予約ください。


お申し込みはこちらまで → kienyasan@yahoo.co.jp
メールに下記事項をご記入の上、お送りくださいませ。

・お名前
・個数
・メールアドレス (携帯の場合、パソコンメールの受信が出来るかご確認ください)
・当日連絡がつく電話番号

*受付終了後、メールにて追ってご連絡させて頂きます。


ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
お花見籠    2009 / 03 / 09 ( Mon )
09-sakura-kago.jpg

きえんやの3人で、ひとつのものをつくろう。

みんなの分野をあわせて

春の気分をお持ち帰りいただけるような

そんなもの。


今回はお花見籠をご用意いたしました。


イベントでは桜を活け、
そこ ここに 花のしつらえをさせていただく
小野みほこからは
店内の雰囲気とは少し違った
春の小花のプチブーケを。

4日のお花見弁当をつくる
an:coからは
桜を使った瓶詰めのジャムを。

期間中、お店の珈琲やお茶とあわせて
召し上がっていただく和菓子担当の
hit-meからは
和の焼き菓子を。


きらきらとした春の空気
どうぞお家にお持ち帰りください。


*お花見籠*  1600円
○プチブーケ
○瓶詰め
○和菓子


そして、今回特別に野庵さんから、
春の空気をブレンドした
練り香をおまけにつけていただきます。





※お花見籠は予約を受付ております。
 当日の販売もございますが数に限りがありますので
 ご希望の方はご予約ください。
__________________________________________________________


お申し込みはこちらまで → kienyasan@yahoo.co.jp
メールに下記事項をご記入の上、お送りくださいませ。

・お名前
・個数
・メールアドレス (携帯の場合、パソコンメールの受信が出来るかご確認ください)
・当日連絡がつく電話番号

*受付終了後、メールにて追ってご連絡させて頂きます。




ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
写真    2009 / 03 / 07 ( Sat )
2009年 春のお花見...
今年はしっとりと散りゆき、
そして朽ちてゆく美しさをイメージして
いろいろ企画しております。

フライヤーに、そんなイメージを切り取っていただきたくて
meguちゃんに写真をお願いしました。

思い描いていた通りの素敵な写真!

09-sakura-1.jpg




撮影の日はあいにくの雨でしたが、
しっとりとした 艶っぽい桜の雰囲気が感じられました。

09-sakura-2.jpg




スタイリングはきえんや、小野みほこが担当。
朝倉晶さんと長峰菜穂子さんの器を使用しました。

09-sakura-3.jpg




その中から1枚選ぶのは大変。。。
フライヤーには「ハラリ」としたものを選ばせていただきました。
他の写真も素敵なので紹介させていただきますね。

ハラリ、ゆららト朧桜 | Comment:0
花残月ノ桜ニ想フ (2008年4月4日~6日)    2009 / 03 / 06 ( Fri )
『花残月ノ桜ニ想フ』
去年のお花見イベントの様子です。


お店の1F入り口。
イラストレーターMIAさんにDM用に書いていただいたイラストと
吉野桜。
花としつらえは、きえんや小野みほこ。

08-sakura-9.jpg








TOSAKANMURI FOODSさんの焼き菓子と、
YAMACOFFEEさんの自家焙煎コーヒー豆。
どちらも大人気で、2日目には、ほとんど売り切れ状態…!
YAMACOFFEEさんには、出張珈琲もいれていただきました。

となりにしつらえたのは、豆の花、姫踊子草、ティアレラで、
春の可憐な花たちです。


08-sakura-1.jpg






和紙アーティスト村松さちえさんのランプやお皿と
花は、にんどう。

08-sakura-2.jpg





それに、きえんやhit-meの花の和菓子。

村松さんにはお菓子を乗せる、大きな花紋皿を特別に作っていただきました。
YAMACOFFEEさんの和菓子ブレンドにあわせました。



08-sakura-3.jpg




きえんやan:coのお弁当。

08-sakura-8.jpg

“おつまみの折詰め”と“春寿司の折詰め”の二種類をご用意しました。
写真は“春寿司の折詰め”。

おつまみ折詰め
○春きんぴら
○ふきと牛蒡と菜の花のマリネ
○新じゃがとそら豆のサラダ
○大根の梅酢漬け
○雑穀とチーズの揚げだんご
○鶏つくねの蕗味噌焼き


春寿司の折詰め 
○おいなりさん
○巻き寿司2種(生ハム、チーズ、ルッコラ、アーモンド衣)
       ( 鶏肉、春菊、卵、桜の酢飯)






そして、高橋ピエールさんのライブ。
2日間で、4ステージやっていただきました。
お店の中央に活けた主役の吉野桜も、ちょうど満開。

08-sakura-4.jpg






桜の下でギターを奏でるピエールさん。


08-sakura-5.jpg





最後の夜の桜。

08-sakura-7.jpg







今までのイベント | Comment:0
 Home 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。